音響設備・メガホン、ベルデンケーブル・カナレ・天井スピーカー・ワイヤレスマイク、ワイヤレスアンプ、非常放送設備

電池屋トップページへ

  • お知らせ
  • 1分でわかる電池屋
  • ネットに掲載している商品以外も取り扱い多数
  • 取引実績一覧
  • 卸値・掛売対応します。
  • アイコン表記について

商品検索

商品番号/キーワード:

梱包機

在庫一掃SALE

商品検索

商品番号/キーワード:
いらっしゃいませ ゲストさん

電池屋トップ > 音響・ケーブル > BOSE

電池屋トップ > 音響・ケーブル > BOSE > BOSE-スピーカー

電池屋トップ > 音響・ケーブル > スピーカー > BOSE

BOSE(ボーズ) DS16S 小型高性能コンパクトスピーカー

FreeSpace® Loudspeakers

設置場所を選ばず、店舗設計やインテリアに合わせた自由度の高い設置を実現した小型高性能コンパクトスピーカー。

カラーバリエーション:ホワイト・ブラック

DS16S 製品概要

DS16Sは、レストランやカフェ、各種店舗や公共施設など、さまざまな商業空間での高品質なBGM再生のために開発された小型高性能コンパクトスピーカーです。
設置場所を選ばず、店舗設計やインテリアに合わせた自由度の高い設置を実現しています。

また、屋外・屋内兼用モデルのDS16SEと使い分けることで、屋内と屋外で境目のないサウンド環境を実現することができます。

店舗設計やインテリアに合わせた自由度の高い設置が可能

DS16Sは縦横どちら向きでも設置できます。
わずか3工程の簡単な手順だけで取付け可能な付属の専用ブラケットと、スピーカー本体それぞれの取り付け方向の組み合わせにより、スピーカーの広い指向特性を最大限に生かした取り付け方法が選択可能です。

170°×160°の広いカバーエリア

ボーズ独自の小型スピーカー技術により、コンパクトなボディでありながらきめ細やかで存在感のあるサウンドを実現。
また、点音源に近い小型フルレンジスピーカーの特長を活かした、水平170°×垂直160°(水平設置の場合)の円形に近い放射特性は縦横どちら向きでも設置し易く、高品質なボーズサウンドを空間いっぱいに満たすことができます。

インテリアにマッチしケーブルもすっきり収納

曲線を巧みに活かしたシンプルなボディデザインに、ブラックとホワイトの2つのカラーを用意。また、スピーカーケーブルが付属のブラケット内に収まるので配線が露出せず、配線ケーブルをすっきりと納めることができます。さらにオプションのジャンクションボックスを使えば、コンクリート壁面などへの露出配線時にも対応できます。

出力切り替えが容易なマルチタップ・トランスを内蔵

70V/100Vラインのハイインピーダンス伝送もしくは、8Ωのローインピーダンス伝送に追加オプション無しで対応。ダイヤル切替式のマルチタップ・トランスの内蔵により、工具を使用することなく簡単に出力を切り替えられるので、設置後の音響プラン変更などにもスムーズに対応できます。



DS16S 小型高性能コンパクトスピーカー 納得価格

空間の特性と目的に合わせた、 最適なスピーカーシステムDS16S BOSE 小型高性能コンパクトスピーカー

  • 取寄品

定価(税抜)22,000円
電池屋価格19,800円(消費税込:21,384円)

会員なら [ 198 ] ポイントGET!

※価格は税抜表示が強調されております。カートに入れた後は、税込価格での表示となります。

【必須】カラー
数量

●原則、お客さま都合による発送後のキャンセルや返品はお受けできません。ご了承下さい。詳しくは、キャンセル・返品ついてをお読み下さい。

お気に入り登録を使えば後日、すぐに確認や購入ができます!
商品についてのお問い合わせ
友達にメールで知らせる
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く


仕様

ユニット構成

5.7cmフルレンジドライバー×1

許容入力

16W

インピーダンス

70V/100V伝送対応(70V伝送時:1W/2W/4W/8W/16W タップ、

100V伝送時:2W/4W/8W/16W タップ)

タップ初期設定値

1W(70V伝送時)/2W(100V伝送時)

感度

84dB SPL(1W/1m)

最大音圧レベル

96dB SPL(1m/pink noise)、102dB SPL(peak)

再生周波数帯域

90Hz〜16kHz

指向特性

水平:170°、垂直:160° ※水平設置時

入力端子

ネジ式ターミナル(付属ブラケット部)

外形寸法

251(W)×125(H)×119(D) mm (本体のみ)

質量

1.8kg(本体のみ)

カラー

ブラック(DS16SB)、ホワイト(DS16SW)

ハイインピーダンスとローインピーダンスの違い

スピーカーやアンプには、非常放送などに使われるハイインピーダンス仕様のものと、一般オーディオのローインピーダンス仕様のものが有ります。特に、店内BGM用を想定されている方は、通常のiPOD用などローインピーダンスのアンプに、ハイインピーダンスのスピーカーは付きません。

方式
使用
場所
特色
ハイインピーダンス出力 拡声用
非常放送用
●1台のアンプに沢山のスピーカーを接続する(奇数個の接続も可能)
●アンプとスピーカーの距離が長い
●アンプの出力インピーダンス(交流抵抗、別途解説)値が100Ω(100W)、1KΩ(10W)と高い
●非常用放送設備の場合はハイインピーダンス方式が義務づけされている
●配線によるパワーロスが少ないので配線長を長くできる
●スピーカーの入力接続を変えるとスピーカーW数の変更、接続個数の変更に簡単に対応できる
●配線の接地抵抗の影響が少ないので、出力型の発振が起きにくい
ローインピーダンス出力

一般オーディオ用
車載用
サウンド用

●1台のアンプにスピーカーを1個か2個、4個しか接続しない(原則的には同じスピーカーを使用)
●アンプとスピーカーの距離が短い(20m程度)
●アンプの出力インピーダンス(交流抵抗、別途解説)値が4Ωや8Ω、16Ωと低い
●配線が簡単
●配線が太ければ配線材による音質劣化が少ない

 

カートへ