音響設備・メガホン、ベルデンケーブル・カナレ・天井スピーカー・ワイヤレスマイク、ワイヤレスアンプ、非常放送設備

電池屋トップページへ

  • お知らせ
  • 1分でわかる電池屋
  • ネットに掲載している商品以外も取り扱い多数
  • 取引実績一覧
  • 卸値・掛売対応します。
  • アイコン表記について

商品検索

商品番号/キーワード:

梱包機

在庫一掃SALE

商品検索

商品番号/キーワード:
いらっしゃいませ ゲストさん

電池屋トップ > 音響・ケーブル > BOSE

電池屋トップ > 音響・ケーブル > BOSE > BOSE-スピーカー

電池屋トップ > 音響・ケーブル > スピーカー > BOSE

BOSE(ボーズ)FS360P-II 全天候型スピーカー

FreeSpace® Environmental Speaker

地中に埋め込んで使用可能。庭園やアミューズメント施設などで活躍する全天候型スピーカー。

FS360P-II 製品概要

FS360P-IIは独創的なエンクロージャーと内部構造により、高音質な音楽再生はもちろん明瞭なアナウンス再生も実現。しかも水平方向360度、垂直方向50度の指向性をもち広いリスニングエリアを確保します。

ケプラーを混入したドライバーユニットは耐湿、防錆処理を施し、またキャビネットもUVカットを施し紫外線による影響を排除するなど耐久性を高め、本体の半分を地中に埋め込んでの設置も可能です。独創的なデザインは庭園やアミューズメント施設など、幅広いフィールドでの使用を可能にしています。

新開発エンクロージャーと独自のスピーカーユニットを搭載

新型エンクロージャーと定評ある高耐久スピーカーユニットとの組み合わせにより、旧モデル比6dB以上の感度向上を実現しました。また、80Wタップ選択時には100dBを超える音圧を提供可能です。本体上部エンクロージャーにマウントしたスピーカーユニットの前面から放射される音は、下部エンクロージャーの計算された形状に反射して、360度全周囲に垂直方向50度の角度をもって放射されます。

サイズを超えた豊かな低音再生を実現

スピーカーユニット背面の音は、支柱を兼ねた3本の音響ダクトから下部のエンクロージャーに導かれ、小さなドーム状のポートグリルから外部へ放射されます。この複雑な構造による音響チューニングが豊かな低音再生を実現しました。
また、ハイインピーダンス伝送用のマッチングトランスを内蔵。タップ切り替えで100V/70V伝送時の出力が選択でき、使用状況や条件に応じた幅広い使い方を可能にしています。

地中への埋め込みが可能

エンクロージャーはGRP(ガラス強化ポリプロピレン)製で、マイナス40度から70度までの環境で使用可能です。無論、雨ざらしの野外でも、迫力ある効果音や高品質な音楽再生を可能にします。
本体の半分を地中に埋め込んだり、植栽に隠して使用できるので、景観に配慮するテーマパークや各種商業施設をはじめ、幅広いフィールドでの活用を可能にしています。

ハイインピーダンス、ローインピーダンス両伝送方式に対

タップ調整が可能なトランスをベースモジュールに内蔵し、70V、100Vライン対応しています。(バイパスも可能。)



FS360P-II 全天候型スピーカー 納得価格

空間の特性と目的に合わせた、 最適なスピーカーシステムFS360P-II BOSE 全天候型スピーカー

  • 取寄品

定価(税抜)50,000円
電池屋価格45,000円(消費税込:48,600円)

会員なら [ 450 ] ポイントGET!

※価格は税抜表示が強調されております。カートに入れた後は、税込価格での表示となります。

数量

●原則、お客さま都合による発送後のキャンセルや返品はお受けできません。ご了承下さい。詳しくは、キャンセル・返品ついてをお読み下さい。

お気に入り登録を使えば後日、すぐに確認や購入ができます!
商品についてのお問い合わせ
友達にメールで知らせる
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く


仕様

ユニット構成

11.5cmエンバイロメンタル・フルレンジユニット×1

インピーダンス

70V/100V伝送対応 10W、20W、40W、80Wタップ

感度

87dB/W/m SPL

最大音圧レベル

97dB SPL @1m/10W, 100dB SPL @1m/20W

103dB SPL @1m/40W, 106dB SPL @1m/80W

再生周波数帯域

70Hz〜15kHz(±3dB)

指向特性

水平:360度、垂直:50度 (-6dB, 1〜4kHz Ave.)

接続方式

スピーカーコード先バラ直出(約70cm付属)

外形寸法

φ368.3(W)×379(H)mm

質量

6.6kg

カラー

グリーン

ハイインピーダンスとローインピーダンスの違い

スピーカーやアンプには、非常放送などに使われるハイインピーダンス仕様のものと、一般オーディオのローインピーダンス仕様のものが有ります。特に、店内BGM用を想定されている方は、通常のiPOD用などローインピーダンスのアンプに、ハイインピーダンスのスピーカーは付きません。

方式
使用
場所
特色
ハイインピーダンス出力 拡声用
非常放送用
●1台のアンプに沢山のスピーカーを接続する(奇数個の接続も可能)
●アンプとスピーカーの距離が長い
●アンプの出力インピーダンス(交流抵抗、別途解説)値が100Ω(100W)、1KΩ(10W)と高い
●非常用放送設備の場合はハイインピーダンス方式が義務づけされている
●配線によるパワーロスが少ないので配線長を長くできる
●スピーカーの入力接続を変えるとスピーカーW数の変更、接続個数の変更に簡単に対応できる
●配線の接地抵抗の影響が少ないので、出力型の発振が起きにくい
ローインピーダンス出力

一般オーディオ用
車載用
サウンド用

●1台のアンプにスピーカーを1個か2個、4個しか接続しない(原則的には同じスピーカーを使用)
●アンプとスピーカーの距離が短い(20m程度)
●アンプの出力インピーダンス(交流抵抗、別途解説)値が4Ωや8Ω、16Ωと低い
●配線が簡単
●配線が太ければ配線材による音質劣化が少ない

 

カートへ