車両用工具、イラックスチューブ・電気工事士資格試験材料セット・防犯用品・配線器具・工具

電池屋トップページへ

  • お知らせ
  • 1分でわかる電池屋
  • ネットに掲載している商品以外も取り扱い多数
  • 取引実績一覧
  • 卸値・掛売対応します。
  • アイコン表記について

商品検索

商品番号/キーワード:
梱包機
在庫一掃SALE
miniMAG-LITE マグライト
LED投光機
ボッシュコンクリートウォールスキャナーD-TECT 150CNT
グッドマン TX2003
グッドマン PTR600

商品検索

商品番号/キーワード:
いらっしゃいませ ゲストさん

電池屋トップ > 工具・工事用品 > 電気工事士セット

第一種第二種電気工事士セット 技能試験練習のための電線・器具などの材料セット

電気工事士技能試験材料セット

好評の電池屋 電気工事士 技能試験のための電線・器具材料セットです。

電池屋では、電気工事士技能試験公表問題に対応した材料セットを販売中です。合格のためには、公開問題13問を、それぞれ2〜3回練習する必要があると言われています。電池屋の電気工事士 技能試験対策用練習セットは、たっぷりの電線と、使いまわせるスイッチ類を最小限にし、コストを抑えております。

ご要望にお応えして、電線のみ、器具のみセットの除くすべての材料セットに、オーム社の「公表問題の合格解答」テキストを同梱しています。

また、マーベルの電気工事士用工具のセットやホーザンの工具セット、フジ矢の工具セットをプラスした材料セットも販売中。初めての技能試験で、工具も材料もない、という方は、電池屋の電気工事士材料セットで全て揃います。

購入者アンケート

購入者アンケートを実施し、電池屋の電気工事士材料セットに対して、下記の通りにご満足を頂いております。

電気工事士技能試験対応工具特集

商品満足度に関しては、93%の方が、商品に対して「満足」と感じています。また、材料の量に関しては、84%の方が十分な量と感じています。

※2016年2月実施

マンガで見る、電気工事士技能試験材料セット マンガで見る、電気工事士技能試験材料セットパート2 電気工事士技能試験対応工具特集 接続と取外し

第二種電気工事士技能試験試験日 : 上期技能試験実施日 2016年7月23日(土)または24日(日)11時30分〜

技能試験用部材セット選びで迷ったら・・・電池屋のおすすめセット!!

第二種電気工事士材料セット「完全セット」登場!

<電工石火シリーズ>から、公表問題を1問練習したら、器具を使いまわさず次の問題に取り掛かれる器具が全13問分入った「完全セット」が登場しました。

最初の練習状態を取って置けるので、練習の成果が比較しやすいパーフェクトセットです。さらに、「電線のみ1回練習分」を一緒に購入すれば、公表問題全13問を2回ずつ練習できますので、より合格に近づくことでしょう。

第二種電気工事士材料セットのオススメ!

第二種フルセット約1回練習用セット 第二種フルセット約3回練習用セット

第一種電気工事士材料セットのオススメ!

第一種フルセット約1回練習用セット 第一種フルセット約2回練習用セット

 

30 件中 1-24 件表示  1 2 次のページへ最後のページへ




P-958 ホーザン(HOZAN) 第二種電気工事士技能試験対応 VVFストリッパー

第二種電気工事士技能試験対応P-958 ホーザン(HOZAN) 第二種電気工事士技能試験対応 VVFストリッパー

  • 取寄品

定価(税抜)3,990円
電池屋価格2,992円(消費税込:3,231円)

第二種電気工事士技能試験対応 VVFストリッパー

DK-18 ホーザン(HOZAN) 電気工事士技能試験を受験するための基本工具+VVFストリッパーのセット

電気工事士定番の工具セットDK-18 ホーザン(HOZAN) 電気工事士技能試験を受験するための基本工具+VVFストリッパーのセット

  • 在庫品

定価(税抜)16,200円
電池屋価格10,800円(消費税込:11,664円)

電気工事士 技能試験 定番の工具セット


VS-L1623 左利き用  ECC  松阪鉄工所 VA線ストリッパーエボリューション

電気工事士技能試験に使える工具シリーズVS-L1623 左利き用 ECC 松阪鉄工所 VA線ストリッパーエボリューション

  • 取寄品

定価(税抜)12,790円
電池屋価格6,400円(消費税込:6,912円)

VA線ストリッパー

VS-R1623 右利き用  ECC  松阪鉄工所 VA線ストリッパーエボリューション

電気工事士技能試験に使える工具シリーズVS-R1623 右利き用 ECC 松阪鉄工所 VA線ストリッパーエボリューション

  • 取寄品

定価(税抜)12,790円
電池屋価格6,400円(消費税込:6,912円)

VA線ストリッパー


ND-800 ジェフコム(デンサン) ケーブルストリッパー

JEFCOM(デンサン)商品、約4000点掲載中!ND-800 ジェフコム(デンサン) ケーブルストリッパー

  • 取寄品

定価(税抜)4,500円
電池屋価格2,858円(消費税込:3,086円)

ケーブルストリッパー


MVA-2016 マーベル VAストリッパー  納得価格

電気工事士 技能試験 推奨品MVA-2016 マーベル VAストリッパー

  • 取寄品

定価(税抜)5,184円
電池屋価格4,147円(消費税込:4,478円)

電気工事士 技能試験 推奨品

DMS-0415 ジェフコム(デンサン)ケーブルストリッパー 納得価格

ジェフコム(デンサン)電設作業工具のパイオニア。DMS-0415 ジェフコム(デンサン)ケーブルストリッパー

  • 取寄品

定価(税抜)5,700円
電池屋価格3,620円(消費税込:3,909円)

ケーブルストリッパー

VSER1623   ECC  松阪鉄工所 VS-R1623用替え刃

電気工事士技能試験に使える工具シリーズVSER1623 ECC 松阪鉄工所 VS-R1623用替え刃

  • 取寄品

定価(税抜)2,240円
電池屋価格1,600円(消費税込:1,728円)

VA線ストリッパー用替え刃


VSEL1623   ECC  松阪鉄工所 VS-L1623用替え刃

電気工事士技能試験に使える工具シリーズVSEL1623 ECC 松阪鉄工所 VS-L1623用替え刃

  • 取寄品

定価(税抜)2,240円
電池屋価格1,600円(消費税込:1,728円)

VA線ストリッパー用替え刃

WB-013  ベッセルVESSEL 3200VA-1用交換ブレード 2個一組

電気工事士技能試験に使える工具シリーズWB-013 ベッセルVESSEL 3200VA-1用交換ブレード 2個一組

  • 取寄品

定価(税抜)2,100円
電池屋価格1,600円(消費税込:1,728円)

交換ブレード

PALM-IS リングスリーブ用圧着 第2種電気工事士 技能試験

泉精器製作所のPALM-IS リングスリーブ用圧着PALM-IS リングスリーブ用圧着 第2種電気工事士 技能試験

  • 取寄品

定価(税抜)7,600円
電池屋価格5,320円(消費税込:5,745円)

リングスリーブ用圧着



30 件中 1-24 件表示  1 2 次のページへ最後のページへ

グッドマン PTR600
グッドマン TX2003

電気工事士合格への近道

電気工事士に合格する方法として、学校で学ぶ方法、本などを購入して独学する方法、実務を行いながら筆記試験に備える方法などがあります。筆記試験のみであれば、時間さえ確保すれば座学で知識を得て合格に近づくことができます。しかし電気工事士の試験には、筆記試験+技能試験となっています。

この技能試験に合格するためのスキルは、座学では身に付きません。 実際に道具を使い、自分で練習する必要がでてきます。

その点で学校の授業や実務で行える環境がある方は有利かもしれません。しかし、試験範囲をピンポイントで練習するためには十分な環境とは言えないでしょう。

技能試験の合格には公表問題13問を、それぞれ2、3回練習する必要があるといわれています。 その練習を行うためには試験に特化した、電気工事士合格のための専門教材を利用したほうが効率的ですし、コストも学校に通うよりはずいぶんと安くなります。

弊社では、第二種電気工事士試験を受験される方に、技能試験対策教材セットを販売しています。

こちらの「電光石火」合格セットにはたくさんの電線や器具が入っていて、繰り返し練習できる仕様になっています。
器具を使いまわししないように設計された完全セットもご用意しています。
オーム社のテキストが同梱されていて、工具の購入を同時に行えばすぐに練習できます。ホーザンorマーベル製の工具は教材とのセット購入でお得に。

電光石火合格セットを購入された方の声

  • チラシを見て購入しました。注文から届くまでが早く、助かりました。 ( E・H様)
  • 練習2回分か3回分かで迷いましたが、保険で3回分を購入しました。練習に必要な材料が揃っているので満足です。
    (M・S様)
  • これで技能試験に合格できそう!( T・S様)
  • 実技試験はこれでクリアできると思います。私自身、技能試験のために3回練習し、試験に臨みました。本番でも焦ることなく練習通りにでき、購入してよかったです。( O・I様)
  • 正直経験のない方にとって教材は安くありません。反面、本気で合格を目指したい方には最適だと思います。 ( A・C様 )
  • 端子台が少し小さかったです。試験では少し戸惑いました。 ( N・T様)

電気工事士技能試験用の部材セット選びで迷ったら、電池屋のセットがオススメ

■電気工事士とは

電気工事士とは、電気工作物の電気工事を行う時、電気設備技術基準に適合するように作業を行う専門知識を持った人を言います。 年々受験者数は増えていて、比較的ニーズの高まっている注目の国家資格です。

電気工事士の資格には第一種電気工事士と第二種電気工事士があり、自家用電気工作物もしくは一般用電気工作物の工事について、専門的な知識と技能をもつ人に資格が与えられます。 電気工事士の免状がない場合、一般用電気工作物の工事は行えません。

第一種電気工事士は5年毎に定期講習を受ける必要があります。実質的にこれが免状の更新となっています。

第一種と第二種の違いですが、前者が一般用電気工作物(一般家屋、小規模商店、600V以下で受電する電気設備等)のほか、中小工場、ビル、高圧受電の商店等において、500kW未満の自家用電気工作物の工事が行えるのに対し、第二種ではこれらが実行できません。

電気工事士の基本情報

電気工事士として業務に従事している人の平均データです。

平均年収 400万円以上500万円未満

基本的に電気工事士は実務経験の差が、年収に対して大きく関連してきますので一概には言えません。 また第一種と第二種の資格保有者では若干年収レンジが変わってきます。

第一種の場合、年収は500万円以上という方が非常に多くなります。

一方、第二種の方は350〜450万円の方が多くいらっしゃるようです。

■電気工事士の試験について

電気工事士の免許を取得する際には条件があります。
第一種の場合、まず第一種電気工事士試験に合格し、かつ、電気工事の実務経験が通算5年以上ある人でなければ免許は取得できません。また、電気工事の実務経験が5年以上なくても試験に合格すれば資格が取得できる要件が、ほかに3つあります。

詳しくは下記をご覧ください。
「一般財団法人 電気技術者試験センター」
http://www.shiken.or.jp/examination/e-construction01.html

第二種の場合は、第二種電気工事士試験に合格すれば資格取得となります。

筆記試験の免除

電気工事士の試験歯筆記試験と実務試験の二種類を受験する必要があります。しかし第一種、第二種ともに一定の条件を満たしている場合、筆記試験が免除されます。

第一種電気工事士試験の資格試験免除について

筆記試験の免除になる人

  • 前回(前年度)の第一種電気工事士筆記試験に合格
  • 第一種、第二種又は第三種電気主任技術者免状の交付を受けている
  • 旧電気事業主任技術者資格検定規則による電気事業主任技術者の資格を持っている
第二種電気工事士試験の資格試験免除について
  • 前回(前年度)の第二種電気工事士筆記試験に合格
  • 高等学校、高等専門学校及び大学等において経済産業省令で定める電気工学の課程を修めて卒業
  • 第一種、第二種又は第三種電気主任技術者免状の取得者

そのほかにも3つ要件があります。

電池屋ではこの電気工事士第一種と第二種の資格を取得するために役立つ技能試験用の材料セットを販売しています。
電気工事士の資格を取得するには、筆記試験と技能試験に合格しなければなりませんが、先におこなわれる筆記試験に合格しなければ技能試験は受けることができません。
筆記試験に合格すると、その年と翌年の技能試験を受けることができます。
そのため筆記試験に受かると、その年は技能試験に合格しなくてもさらに翌年に筆記試験免除で技能試験を受けることができます。

筆記試験は、四肢択一のマークシート方式です。
技能試験は試験の候補問題が試験前に公表されるようになりましたので、最近は対策がしやすくなり合格率も上がってきています。
しかし技能試験は、本物の器具を扱う試験なので、本材料セットなど本物の器具を使って練習しておくことが必要不可欠となっています。
専門学校やスクールでみっちり勉強する方法もありますが、かなり高額な授業料を支払わなければなりません。
電池屋の「第一種・第二種電気工事士セット」であれば、使いまわせるスイッチなどのパーツは数を最小限にしておりますので、価格も非常にリーズナブル。
スクールなどに入る前の手始めとしてトライしたり、逆に基本技術や知識はあるので、最後の仕上げ対策として練習したいといった場合にもオススメです。

電気工事士試験 第一種と第二種の違いとは?

電気工事士試験には第一種と第二種と2種類あります。

第一種電気工事士の資格の方が上位資格で、かつ取得が難しいと言われていますが、一体どのあたりが違うのでしょうか何が難しくなるかというと以下の3点です。

  • 計算問題が第二種よりずっと複雑になる
  • 暗記しなければならない知識が増える
  • 作業自体の難易度が上がる

第二種試験対策の場合、当社で販売している「電気工事士セット」での学習が有効です。
しかし、第一種試験の場合はさらに内容が高度になってきます。

<計算問題が複雑>

覚えなければならない公式が第一種の方が多くなるため、計算がより複雑で長くなり、難易度がアップします。それだけ第一種電気工事士の仕事の幅が広いということの証拠ですが、試験に頻出する電動機に関する公式など、実務関連で使う公式はすべて覚えておく必要があります。

1つの公式で答えが出るのが第二種試験の特徴ですが、第一種では複数の公式を組み合わせて答えを導き出す作業が必要となります。

<暗記の範囲が拡大>

単純に言うと、暗記量が増えれば増えるほど、試験での点数は上がりやすくなりますが、実務に絡んだ試験ではそれだけでは点数が取れません。

電気工事士試験の場合、器具の名前だけでなくその電気用図記号を覚え、結び付けておかないと実務でその技術を発揮することはできませんし、仕事も満足に進めることができません。

一つ例を上げます。過去に実際に合った第二種試験では、器具の写真と選択肢に記載されているその名前を結び付け、正否を問う問題がありました。

この問題では器具のビジュアルと名前が一致していれば、得点できますが、しかし同種の問題が第一種試験になると…。
器具の写真のみが記載され、その名前は選択肢にはなく、器具の文字記号が選択肢になっていて、それを一致させるというものに変わります。
つまり写真の器具の名前が分かっていないと、回答が難しくなります。

試験自体は第一種、第二種ともにマークシート方式で、答えは選択肢の中に必ずあります。しかし、正解を導き出すために必要な時間が非常に長くなるのが第一種試験の特有の難易度です。

<技能試験がより複雑に>

第二種試験の内容ですと電気工事士セットで十分に学習できます。しかし第一種試験ではたとえば平成27年の試験では、端子台は2つ、変圧器と開閉器、さらにジョイントボックスと60分間で複数の配線工事を行わなければならず、その正確さのみならずスピードが求められる試験になっています。

第二種試験では低圧屋内配線工事を行う試験が2年続いていますが、平成26年が端子台、平成27年がジョイントボックスを使って行うという形です。第一種試験よりも単純なものであることが理解できます。
電気工事士セットをご利用いただき、まずは第二種試験の合格を目指し、第一種試験に備えていきましょう。

電気工事士の技能試験に合格するための厳選された電線・器具などの材料セット

試験は当然ですが第一種の方が難しく合格率も低くなっていますので、第一種用の電気工事士セットの方は「たっぷりフルセット」の1種類のみとなっています。

第二種の電気工事士セットでは、「フルセット」または「完全セット」の2種類から選択することができます。

第二種電気工事士セットの「完全セット」は、器具を使いまわしせずに、すべての問題を練習することができるセットです。

購入者特典としては、全13問の技能試験を予想した「 第二種電気工事士技能試験 公表問題の合格回答」(オーム社)をプレゼントしています。
この教科書が特典として付いてくるので、材料セットが届いたらすぐに練習が始められます。

第1種・第2種電気工事士資格獲得のカギ

■電気工事士試験を受ける際の豆知識

受験案内・申込書を郵送する場合

受験用紙の配布期間中に下記の何れかで入手します。

  1. 産業保安監督部
  2. 一般財団法人 電気技術者試験センター 本部事務局
  3. 電力会社各支店・営業所窓口
  4. 一部の大手書店
  5. (学)河合塾主要校舎

試験の申し込み方法

試験に関するリーフレット、ポスター、試験案内を確認し、申込期限内にインターネットまたは郵送で申し込みを行います。インターネットからの申し込みは締切り当日17時まで、郵送の場合は当日の消印が付いたものが有効となります

受験資格

特になし。外国人でも受験可能

その他詳細は下記をご覧ください。
「一般財団法人 電気技術者試験センター」
http://www.shiken.or.jp/qa.html

電気工事士試験は、筆記と実技があります。

筆記試験に受かってから材料を購入しよう!と考えていらっしゃる方も多いかと思いますが、筆記に材料にまつわる問題が多く出題されます。実際のケーブルや器具を見て触って確認することで、筆記の点数もアップするはずです。

実技試験に関しては、今実際に電気工事の仕事に携わっている方もいらっしゃると思います。
「普段やっているから・・・」と考えがちですが、車の免許と同じく、試験は試験、現場は現場で、ルールが異なることも有ります。これは、第1種電気工事士資格でも、第2種電気工事士資格でも同じことが言えると思います。

現場では、ケーブルのストリップも、短絡しないようにすればよいですが、試験では正確な長さでストリップしないと減点となります。時間制限も有りますので、資格試験用に練習が必要です。

普段使わないような器具やケーブルも出題される可能性がありますので、当社の材料セットでしっかりと練習して、資格を獲得しましょう。

電気工事士という仕事のやりがい

電気工事士の現場は数多くあります。建設現場では他の職人と組んで仕事を進めていく必要があり、現場でのコミュニケーションも大切な仕事です。 電気工事士としての技術面をベースに、図面や設計図などを通して分かりやすく指示を行い、かつ工期に合わせて仕事を効率よく進めていく必要もあります。

顧客のニーズを吸い上げながら、適宜判断し、仕事を進めていかなくてはなりません。

第一種電気工事士の資格を生かし、施工管理技士を取得して、施工現場他さまざまな現場で活躍されている方もいます。
そういった意味でも、電気工事という枠組みを超えた活躍を目指せるのが、電気工事士の利点かもしれません。

電気工事士の給料について

電気工事士には一種と二種で資格が分かれていますが、給料の違いはあるのでしょうか。

まず前提として、資格区分だけはまず基本給に違いは出てきません。しかしながら資格手当などがある会社では、一種と二種でそれぞれ金額を変えているケースが多くなっています。

ただ、手当自体は1か月あたり2千円〜3千円くらいの差しか生まれません。年間でも2万円程度差でしかなく、ほぼ変わらないと言っていいでしょう。
このように、「資格を持っている」だけでは一種も二種も収入に差はありません。

が、一般的には一種の保有者の方が給料も高く、その分年収も二種保有者の方と比較して高い傾向にあります。

基本給で差がつかないのに、どこで差がついてくるか。これは仕事の中身で決まってきます。

そもそも一種を持っていれば、行うことの出来る作業が二種よりも多く、その分自然と仕事の幅も広がっていきます。仕事の幅が広がれば、収入源も多く持つことができます。そして資格手当だけではなく、そのほかの手当てを得るチャンスも大きくなります。

結果として、仕事の範囲が広くなった分、手当による収入も増え、年間で5万円〜10万円程度の収入格差が一種と二種の間で出てきます。

たとえばですが、これが1年で10万円、10年で100万円、50年で500万円といった収入差になって表れてくるというわけです。

第二種電気工事士は文系の人でも合格できる?

文系の大学を出て、内勤として働いてきた。しかし手に職を付けるため何か資格を取得したい。

といった希望を持たれている方もいるかもしれません。

電気工事士も人気資格の一つですから、文系の方も多く受験されます。

いくら独学しても、専門知識が必要な資格だから合格は難しいのではないか?と思われる方もいるでしょう。

その心配は無用です。

文系でも、電気について全く知識がなくても、第二種試験には合格できます。

確率のお話になりますが、筆記試験、技能試験ともに過去の合格率は6割を超えています。むしろ不合格になる人が少ないのです。

もちろん知識ゼロ、技能ゼロで試験に臨んでも合格するわけではありません。しかし、独学してある程度の知識を得られれば合格は難しくありません。

目安としては、テキストを2,3回、過去問題を2,3回一通り行っておけば筆記試験は十分に合格レベルに到達します。

技能試験も出題範囲を2回作成し、結果自分が苦手だと思う範囲をさらに2,3回徹底的に練習すれば合格できます。

決して難しく考える必要はありません。独学したい方に最適な教材も販売されていますから、それを使ってじっくりと学び、合格ラインまで地道に近づいていきましょう。

電気工事士技能試験部材セットにテキストと工具付きでお得

電池屋では、主要な問題に対応した格安のベーシックセットと、オーム社対応の材料セットに、オーム社のテキストをプレゼントするサービス中です。

さらに、材料セットをご購入のお客さま特典として、工具を10,000円(税抜)にて販売します。

オススメは、オーム社の2〜3回練習できる材料セットに、ホーザンのS-18工具を付けたセットです。

是非、ご検討下さい。