ご存知ですか?ガス漏れ警報器の重要性

ガス漏れによる事故が毎年起きています。もしガス警報器がついていたら・・・というケースも少なくありません。また、ガス警報器を設置したので、早期にガス漏れに気づいて自己にならなかったケースも多くあります。

ガス漏れ警報器は、いざというときに動作する必要があります。たとえ設置していたとしても、交換期限が過ぎていると正しく動作しない場合があります。

取り付けているだけでは安全ではありません。

警報器の交換期限は5年です。一度ラベルを確認してみてください。

もし今お使いのガス警報器の交換期限が過ぎていたら、すぐに交換しましょう。機器の種類にもよりますが、ワンタッチで交換できるものもありますので、そのような場合はネットでガス漏れヘッドを購入して自分で交換することもできます。
(※交換後の動作テストなども必要です。テスト用のガスをご購入頂いてテストをお願いします。またはご購入後、ガス販売店にご相談ください。)

もしガス警報器がなったら・・

ガス警報器が作動したら、決してスイッチやコンセントには触れないでください。何かの拍子にスパークし、火災となる場合があります。タバコなどを消し、ガスの元栓を閉め、ドアや窓を開けて十分に換気を行なってください。その後、ガス販売店にご連絡ください。

 

ガス漏れ警報器ヘッド交換手順動画


※【交換をする際の注意点】

リースよりもお得

多くの場合、ガス料金にリース料を上乗せしている場合が多いと思います。5年毎の交換なので、ひと月あたりは294円~339円(東京ガスの場合)となっています。

同じガス漏れ警報器をネット購入した場合、半額近くコストを抑えることが出来る場合があります。

リースは月々を少額で抑えるというメリットもありますが、トータルではネット購入がお得になる場合が多いので、是非、検討してみて下さい。

ガス漏れ警報器の交換・取付相談

 

「機器がよくわからない」「マンション管理会社で数が多いんだけど・・」「取り外したら警報がなりそうで怖い・・・」
そういう場合は、ご相談承ります。

下記のフォームよりご連絡下さい。

 

ページトップへ戻る

 

電池屋サイトへ

 

Copyrigt(c)DENCHIYA. All rights reserved.