株式会社電池屋|畜電池のことなら電池のプロにお任せください!

株式会社電池屋|畜電池のことなら電池のプロにお任せください!

電気は蓄える時代へ。工業・産業用蓄電池システム

こんな問題を抱えていませんか?

固定費の電気代を削減したい…

太陽光発電の2019年問題

2009年からスタートした太陽光発電の余剰電力買取制度は、
2019年以降に買取義務が順次終了していきます。
期間満了後は、電力会社による買取りの有無が未定となっているのが懸念されています。

売電価格は年々下降しています。

売電価格の単価が電気料金を下回り始めた今、蓄電池を導入する企業が増えています!

電気は売るから蓄わえて使う時代へ

電気を売るよりも、余剰電力や電気代の安い時間帯に電気を蓄えて、
電気代を削減し、自家消費した方が賢い時代へ突入します。

太陽光発電と蓄電池を組み合わせ、電量アップ+購入電力ダウン!

深夜の安い時間帯に電力を充電し、太陽光発電が発電している昼間の使用電力をまかなうことで、太陽光の発電分を多く売電にまわせます。また、太陽光発電でまかなえない時間帯の電気をカバーすることで購入電力を減らして節電することもできます。

太陽光発電と蓄電池を組み合わせ、電量アップ+購入電力ダウン!

地震や台風などの自然災害が日本各地で頻繁に発生し、近年はとても防災意識が高まっています。常に蓄電池に電力を蓄えておくことで、もしもの時に安心です。

蓄電池導入メリットで問題を解決!

シミュレーションで削減効果をチェック!

0333781300

フォームから資料請求する

エネルギーは、作って活用する「活電」へ

再生可能エネルギーを自家消費

太陽光、風力等の再生可能エネルギーを直流のまま蓄電池に取り込み、蓄電池が満充電の時、パワーコンデショナーで交流に変換し、そのまま構内負荷へと活電。再生可能エネルギーで発電した電力をそのまま自家消費することで電力使用量を削減します。

ピークカットによる電気料金の削減

Eneman Management Control (EMC)により、常時電力使用状況を監視し、自動で蓄電池出力をコントロール。電力最大使用ピーク時に強制放電します。使用電力量を下げると同時に、最大使用電力量=「最大デマ ンド」を制御することにより電気料金の大幅な削減が可能になります。

デマンドコントロールで負荷を自動制御

デマンドコントロール機能を 「eneman システム」に別途機能追加すると、蓄電池の電力の利用の他に、空調機などの電源を制御することが可能になります。これにより施設内の環境を最適化。電気料金の大幅な削減につながります。

システム情報をクラウド管理で見える化

見える化システムでシステム情報をPCやスマートフォン・タブレット端末で確認できます。日・週・月・年ごとのレポートを作成、ダウンロードしてエクセル(CSV)ファイルで活用が可能です。

企業に必要なBCP対策(事業継続計画)

近年、震災や異常気象などが相次ぎ、危機意識が高まっています。 自然災害などの緊急時でも、業務やサービスの停止を避けるために対策をしておくことが今後の企業の課題となっており、将来的に期待されている大規模容量の蓄電システム導入が進んでいます。

蓄電池を導入した方がいいと思ってはいるが、導入費用に懸念が…

太陽光の余剰発電分を蓄電池導入の費用負担に補填!

省エネ・再エネにおける
補助金や税制の特例措置も充実!

再エネ発電促進賦課金がさらに上昇します!

再エネ発電促進賦課金がさらに上昇します!

再生可能エネルギー発電促進賦課金とは

再生可能エネルギー発電促進賦課金とは、太陽光発電・風力発電・水力発電・地熱発電などの再生可能エネルギー発電を普及させることを目的とし、その再生可能エネルギーを電力会社が買い取る費用を消費者が負担する仕組みのことです。

これからの電気代上昇に備え、蓄電池の導入はかかせません!

導入事例

enemanは、介護施設・病院・学校・倉庫・工場・ゴルフ場・役所など、
様々な施設で最適な電力環境を提供します。

0333781300

蓄電池の資料請求・お問い合わせ

下記フォームにご入力の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。(※印は必須)

↑ページ上部に戻る