アウトレットボックス(ジョイントボックス)の打ち抜き、ブッシング取付、ねじなし電線管・合成樹脂製可とう電線管と取付

アウトレットボックス(ジョイントボックス)の打ち抜き、ブッシング取付、ねじなし電線管・合成樹脂製可とう電線管と取付

アウトレットボックス(ジョイントボックス)は、2014年の公表問題で4題出題されています。電池屋の材料セットに入っているアウトレットボックスは、打ち抜きがされておりませんので、ペンチやハンマーで打ち抜いてご使用頂く形になります。また、ゴムブッシング、ねじなし電線管、合成樹脂製可とう電線管とアウトレットボックスの取付を説明いたします。

材料や工具の購入は、電気工事士 技能試験 材料セットページヘ

手順解説 写真付き
アウトレットボックス(ジョイントボックス)の打ち抜き アウトレットボックス(ジョイントボックス)の打ち抜き
アウトレットボックス(ジョイントボックス)とゴムブッシングです。 アウトレットボックスの穴が打ち抜き前ですので、ペンチのグリップやハンマーを用いて、打ち抜いて下さい。結構硬いものもありますので、怪我等には十分気をつけて作業して下さい。
アウトレットボックス(ジョイントボックス)の打ち抜き アウトレットボックス(ジョイントボックス)の打ち抜き
うまく中心を叩くと、打ち抜けます。

一部はつながったままになりますので、ペンチでひねりながら切り取って下さい。

アウトレットボックス(ジョイントボックス)の打ち抜き ゴムブッシングの切り込みとアウトレットボックスへの取付
バリで手を切らないように注意して下さい。

ゴムブッシングと電工ナイフです。

ゴムブッシングの切り込みとアウトレットボックスへの取付 ゴムブッシングの切り込みとアウトレットボックスへの取付
電工ナイフでゴムブッシングに十字の切れ込みを入れます。

VVFやVVRのシースを通したりするので、小さすぎると、通しづらくなります。また、切り過ぎでゴムブッシングの端まで切らないように注意します。

ゴムブッシングの切り込みとアウトレットボックスへの取付 ゴムブッシングの切り込みとアウトレットボックスへの取付
19と書いてある小さいゴムブッシングはアウトレットボックスの小さい方へ、25と書いてあるゴムブッシングは大きい方へはめます。

はめ込むとこのようになります。

ゴムブッシングの切り込みとアウトレットボックスへの取付 ねじなし電線管とアウトレットボックスの取り付け
ゴムブッシングは裏表どちら側で取り付けても大丈夫です。

ねじなし電線管とアウトレットボックスの接続です。

ねじなし電線管とアウトレットボックスの取り付け
ねじなし電線管とアウトレットボックスの取り付け
ねじなしボックスコネクターをアウトレットボックスの小さい方に外側からはめ込みます。

ねじなしボックスコネクターのロックナットには裏表が有ります。平になっている方をアウトレットボックス側にします。

ねじなし電線管とアウトレットボックスの取り付け
ねじなし電線管とアウトレットボックスの取り付け
ある程度手で締め込んだ後、プライヤーを使って更に締め込みします。

オレンジ色の絶縁ブッシングを取り付けます。キャップがある場合はマイナスドライバーで外して下さい。

ねじなし電線管とアウトレットボックスの取り付け
ねじなし電線管とアウトレットボックスの取り付け
絶縁ブッシングは手で締め込む程度でも大丈夫です。絶縁ブッシングは反対には入りません。

ねじなしボックスコネクターの出っ張っている方のネジをプラスドライバーでゆるめてから、ねじなし電線管に差し込んで下さい。その後、プラスドライバーで締め込んでいきます。

※ねじなし電線管は、事前にねじなしボックスコネクターに繋いでおいてあとからアウトレットボックスに取り付けてもかまいません。

ねじなし電線管とアウトレットボックスの取り付け
ねじなし電線管とアウトレットボックスの取り付け
ある程度プラスドライバーで締め込んだら、ペンチで挟んで、更に時計回りにまわしていきます。

ある程度回すと、ネジの頭部がねじ切れます。試験ではネジきり忘れると軽微な欠陥となります。練習では1~2回ねじ切る間隔をつかむためにねじ切りましょう。

ねじなし電線管とアウトレットボックスの取り付け
ねじなし電線管とアウトレットボックスの取り付け
取り外す場合は、ペンチでネジのギザギザ部分を掴んで、反時計回りに回します。

ある程度回していくと、ネジが取れます。このネジは再利用できません。(練習では再利用も可能)

合成樹脂製可とう電線管とアウトレットボックスの取り付け 合成樹脂製可とう電線管とアウトレットボックスの取り付け
合成樹脂製可とう電線管とアウトレットボックスです。

コネクターをアウトレットボックスの小さい方に差し込みます。ネジは平たいほうがアウトレットボックス側になります。

合成樹脂製可とう電線管とアウトレットボックスの取り付け 合成樹脂製可とう電線管とアウトレットボックスの取り付け
ある程度手で締め込んだ後、プライヤーで増し締めします。

コネクターをゆるめます。

合成樹脂製可とう電線管とアウトレットボックスの取り付け
合成樹脂製可とう電線管をコネクターに差し込んで、コネクターを締め込んで固定します。

※可とう電線管は、事前にコネクターに繋いでおいてあとからアウトレットボックスに取り付けてもかまいません。

 

電気工事士 電線と器具の脱着解説へ戻る

材料や工具の購入は、電気工事士 技能試験 材料セットページヘ