旅行・キャンプ用ポータブル電源の選定方法

  • 2021年12月16日
  • 2021年12月20日
  • 選び方
  • 61view

旅行・キャンプ用ポータブル電源の選定方法

旅行やキャンプでポータブル電源を使用するシチュエーションを書き出してみましょう。

  1. 海や山などで車から離れて電源がない場所で充電が必要なデバイス(ノートパソコンやスマートフォン、デジタルビデオ、デジタルカメラ)を使う
  2. キャンプ場のテント泊で、夏は扇風機や冷風機、冬は電気毛布を使う
  3. キャンプで夜、映画や音楽ビデオ、テレビゲームを皆んなで鑑賞したり遊んだりする
  4. 海やキャンプ場で炊飯器でご飯を炊いたり、ホームベーカリーで焼き立てパンを作る
  5. 海やキャンプ場でホットプレートを使う
  6. 海やキャンプ場でミニ冷蔵庫や冷凍庫で冷たい飲み物を飲んだり氷を作ったりする
  7. 海や川で浮き輪やエアベットの空気を電動空気入れで入れる
  8. 各種ドローンやラジコンなどのバッテリーを充電する

海や山で充電が必要なデバイスを使う

旅行、遠足、キャンプ、サバイバルゲーム、など車で現地までは行くが、駐車場から離れてキャンプする場合もあると思います。今まではどうしても電源がほしいときは車へ戻るか、電源がある場所まで移動しての充電となりますが、ポータブル電源があればその場で充電ができるため手間や盗難などのリスクも少なくなります。

ただ、このあと全てに言えますが、「ポータブル電源自体の移動が負担」となりますが、このへんは利便性との兼ね合いになります。

使用想定デバイス

今回は、スマートフォンやiPad、ノートパソコンくらいまで使用(充電)を想定します。最大500Wくらいまでのポータブル電源で回数を示します。ポータブル電源容量が100Wh、200Wh、500Whで何台くらい充電できるかの目安です。(実際は0%-100%充電するケースは少ないため、もう少し充電回数は増えます)

バッテリー(直流:DC)を100V電源(交流:AC)に変換する際にロスが出るため、ロス率を20%程度取った計算にします。

デバイス消費電力/台100Wh200Wh500Wh
スマートフォン4W約20回約40回約100回
iPad9W約8回約17回約44回
ノートパソコン30W約2.6時間約5.3時間約13.3時間
ドローン60W※約1回約2回約6回
デジカメ3W約26回約53回約133回
デジタルビデオ6W約13回約26回約66回
※ドローンの種類によります。

スマートフォンやiPadのみで考えれば、大家族でも100W以下のポータブル電源かモバイルバッテリーで十分でしょう。

ただ、AC電源を使って充電するノートパソコンやデジタルカメラの充電を考えると、100Wh~200Whクラスのポータブル電源が軽くて使い勝手が良さそうです。

キャンプ場のテント泊で、夏は扇風機や冷風機、冬は電気毛布を使う

場所にもよりますが、夏の暑い時期や秋口の寒くなりがちな標高の高いキャンプ場では、扇風機やヒーター、電気毛布があると快適になる場合があります。

こちらも、接続する扇風機や電気毛布の想定消費電力をまとめてみます。

使用想定家電製品

こちらの表もDC-ACの変換ロスを20%で計算します。製品の消費電力が大きいため、200Wh、500Wh、1000Whで比較します。また複数使う場合は、使用時間を台数で割ってください。

機器消費電力/台200Wh500Wh1000Wh
扇風機A30W約5.3時間約13.3時間約26.7時間
扇風機B50W約3.2時間約8.0時間約16時間
電気毛布A60W約2.7時間約6.7時間約13.3時間
電気毛布B100W約1.6時間約4.0時間約8.0時間
電気ヒーター600W 約1.3時間

テント泊、車中泊を考えると、1000Whクラスのポータブル電源が1台、または500Whクラスのポータブル電源が2台あると家族が多くても対応できそうです。

また、電気ヒーターは使用ワット数が大きく、常につけている必要があるためポータブル電源との相性は悪そうです。

その他の家電製品の消費電力の目安

炊飯器やホームベーカリー、テレビ、プロジェクターなどキャンプをより楽しむための家電製品の消費電力の目安を記載します。当然、同じテレビでも大きさやメーカーで消費電力はバラバラですので、おおよその目安程度にしていただければと思います。

機器消費電力/台1000Wh1500Wh2000Wh
炊飯器(5合)1200W約1.0時間約1.3時間
ホームベーカリー600W約1.3時間約2.0時間約2.6時間
ホットプレート1300W約1.2時間
ポータブルテレビ20W約40.0時間約60.0時間約80.0時間
プロジェクター70W 約11.4時間 約17.1時間 約22.8時間
ミニ冷蔵庫200W 約4.0時間 約6.0時間 約8.0時間
ミニコンプレッサー14W 約57.1時間 約85.7時間 約114.2時間
ラジオ5W 約160.0時間 約240.0時間 約320.0時間

炊飯器を含む調理家電や冷蔵庫はやはり消費電力が大きいため、大容量ポータブル電源が必要になります。ソーラーパネル(太陽光)充電と組み合わせることで使用時間を長くすることができますが、天候や場所に左右されます。木々が多いキャンプ場ではソーラーパネルとの相性が悪いため注意が必要です。

選び方の最新記事8件

>電池屋おすすめポータブル電源

電池屋おすすめポータブル電源

電池屋がおすすめするポータブル電源は、とにかく安全であることが条件です。 OUPESのポータブル電源は、リン酸鉄リチウムイオン電池を使用しており、また、しっかりとしたBMS(バッテリーマネージメントシステム)によって温度管理されているため発火の危険性はかなり低い製品です。 それ以外にもサイクル寿命が2000回以上、残り使用時間が見える、USB Type-C PDで60W出力可能など基本機能がしっかりしているポータブル電源です。

CTR IMG