日本製ポータブル電源の検討も

  • 2021年12月21日
  • 2021年12月22日
  • 選び方
  • 257view

1.安全性が高い

 ポータブル電源は発電機とは違いガソリンなどは使用しませんが、大容量の電気を蓄えるので、発火や爆発のリスクがないとは言えません。日本製のモデルはJIS規格などの国家標準があり安全性に徹底しているので、上記のようなトラブルが起きる可能性が非常に低いといえます。

対して海外製品は安価なものが多いですが、起用されているリチウムイオン電池の裂開が見られたりなど、安全性に問題があり、火災などの事故に見舞われたケースが過去に報告されています。

2.サポートが充実している

 日本製のポータブル電源をおススメする理由の1つに、購入後もアフターサポートが充実しているという点が挙げられます。日本製の場合は1年間から、長くて3年間という長期間のメーカー保証がついており、製品上何らかの問題が起きたとしても、バッテリーの交換やリペアなど手厚い対応を受けられる場合が多いです。

 対し海外製品は、サポートがあったとしても海外へ発送が必要な為、時間と手間がかかります。また、商品によっては保証自体がなかったり、言語対応していなかったりする場合があるので、事前に確認が必要です。

3.海外製よりも価格は高くなりがち

 先述した通り、日本製は高い信頼性と安心感がありますが、やはり海外製より価格は高い傾向にあります。日本製は国家基準により徹底した品質管理と質の高いパーツを採用しており、さらに手厚い保証も付いているので、安心を買う意味では妥当であると考えられます。

 それでもなるべく安価なものが良いという場合は、日本製の中にも比較的リーズナブルなものはあるので、品質、機能、保証など加味して検討すると良いでしょう。

選び方の最新記事8件

>電池屋おすすめポータブル電源

電池屋おすすめポータブル電源

電池屋がおすすめするポータブル電源は、とにかく安全であることが条件です。 OUPESのポータブル電源は、リン酸鉄リチウムイオン電池を使用しており、また、しっかりとしたBMS(バッテリーマネージメントシステム)によって温度管理されているため発火の危険性はかなり低い製品です。 それ以外にもサイクル寿命が2000回以上、残り使用時間が見える、USB Type-C PDで60W出力可能など基本機能がしっかりしているポータブル電源です。

CTR IMG